Message 代表からの挨拶

皆さんこんにちは。
メトロ東京ホッケー&アスリートクラブの多氣です。
弊クラブは2016年にNPO法人化いたしましたが、それまで15年以上に渡って社会人クラブチームとして社会人リーグなど公式戦への参加を活動の主体とするクラブでした。
1999年に創立時わずか11名からスタートし、毎回の活動の人集めや対戦相手、グラウンドの確保などに四苦八苦しながらも、「ホッケーを続ける受け皿になりたい。」というクラブの使命に賛同する多様なチームメイトに支えられ着実に成長してきました。

ご存知の通り2020年には東京でオリンピックが開催されます。
ホッケー競技は品川区と大田区にまたがる競技場で実施されることになり、両地域では行政が主体となってホッケーの普及活動が行なわれています。日頃個人の趣味として楽しんでいるホッケーを何か社会の為に役立てないかと考えていた私たちにとって、これら普及活動への協力はクラブの強みが発揮でき、個人としても大きなやりがいが得られる活動であることを実感しました。
現在も2020の「追い風」を受け積極的に普及活動に取り組んでいます。

そして2016年6月。賛同者の一層の拡大を目指し、これまで培ったクラブ運営事業と普及事業を活動の柱とするNPO法人に改組し新たなスタートを切りました。
私たちクラブの大きな特徴は出身地や出身校、勤務先など背景が異なる様々な人たちがクラブの目的や価値観に共感し、集まりチームを成していることです。

私たちが大切にしている3つの価値観
ホッケーを愛し、Loves Hockey.
多様性を尊重し、Respects diversity.
次世代を想う。Think next generation.

「好き」が根底にないと趣味や非営利活動は続けられません。また様々な背景を持つ仲間への尊敬がなければ「受け皿」にはなれません。そして自分の経験を後進に伝え、育てていかなければ競技の発展はないでしょう。
競技歴や技術の巧拙は全く関係ありません。
クラブの目的と価値観に共感いただける皆さんのご協力を心よりお待ち申し上げます。
一緒にホッケーを楽しみ、地域とホッケーを盛り上げていきましょう。


NPO法人メトロ東京ホッケー&アスリートクラブ
代表理事 多氣洋平
PAGE TOP